SHIENAの婚活blog*

*日々の生活や婚活エピソードを綴っています*

覗き見の代償~きっかけ~

 

もう10年以上昔の話ですが、私は一度だけ「彼氏の携帯電話を盗み見る」という大罪を犯したことがありますw

f:id:dolu2cky2:20131107090225j:plain

当時は、自分としては「見るべき理由があった」と正当化していましたが、友人の誰に話しても「それはタブーだ」と言われましたね。今だったらどんなことがあっても絶対見ないし、逆の立場だったらやましいことがなくても見られたらイヤなものですもんね(^_^;)

 

始まりは寒い冬のこと。

いつものように彼氏の家に泊まりに行って、彼は職場の飲み会で出かけていました。

先に寝ていたんですが、夜中にふと目が覚めまして。普段ならそのまま寝るかトイレに行くくらいなんですけど、何故だか窓の外が気になって見たんです。

すると、アパートの駐車場にちょうど彼が戻ってきたところでした。

(すごいタイミング!)と思っていると、遅れて後ろから女性がついてきました。

(誰だ?)と思いながらもとりあえず見ていると、彼が車のエンジンをかけて、女性を促し助手席に乗せて走り去って行きました。

(ある意味すごいタイミング!)…なんて考えている場合じゃありませんw

飲みに行ったんじゃなかったっけ?てゆうかあの女誰よ?と色々考えながら、彼の携帯に電話をかけますが繋がりません。仕方がないのでメールで「隣の女は誰?」と送ると、間髪入れずに電話がかかってきました。

 

彼「もしもし?」

私「もしもし?今どこ?」

彼「なんで?」

私「さっき女の人と車乗ったとこ見たんだけど。」

彼「は?友達だけど?」

私「こんな時間にどこいくわけ?」(この時点で午前2時過ぎ)

彼「送って行くんだけど。」

私「わざわざ駅からアパートまで来る必要ないよね?」

彼「え?何?何なの?戻ればいいわけ?」

私「そうだね。」

彼「じゃ、すぐ戻るわ。」

 

こんな会話だったと思います(笑)

それから本当にすぐ戻ってきて、女の人はどうしたのか聞くと「その場で降ろしてきた」と答えました。(それもどうかと思うけどw)

彼の言い分としては、「会社の人で一人で帰すのは危ないから送っていくつもりだった」とのことでしたが、飲酒運転するほうが危ないし、何より駅前で飲んでいたはずなのに、二人でわざわざ30分かけてアパートまで歩いてくる意味が分かりませんでした。

とはいっても浮気している証拠はないので、その場は「心配かけてゴメン」という彼の言葉で幕が下りました。

 

長くなりそうなので続きはまた次回!(笑)

 

ランキングに参加しています☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村